サーフィンウェットスーツの選び方 地域別季節対応表 | ウェットスーツ本舗
カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
サーフィンウェットスーツ季節別地域対応表


日本には四季があり、1年を通して気温、海水温は一定ではありません
日本には四季があり、1年を通して気温、海水温は一定ではありません。また、北は北海道、南は沖縄まで南北に長い国ですので、同じ季節であっても場所によっては、気温、海水温が異なります。1年中快適(寒すぎず暑すぎることもない)にサーフィンを楽しむためには、サーフエリア、季節によって種類の違うウェットスーツを使い分ける必要があります。

※1日の中でも、朝夕や、風の強い時間帯、天候の変化などにより、異なった種類のウェットスーツを着用することもあります。




快適にサーフィンするとは
快適にサーフィンをする!快適とは海の中でも、通常通り、体温が保持され、寒くもなく、暑くもなく、ちょうど良い感じと思ってください。夏にTシャツや半ズボンを着用し、秋に長袖、長ズボンを着用し、冬には厚手のジャケットを着ますよね。ウェットスーツも考え方は洋服と同じです。但し、ウェットスーツは、基本的に何枚も重ね着ができない(※ロングジョンとタッパーを重ね着する場合はあります)ので、季節に応じて異なった種類のウェットスーツ着用しなければならないことが、洋服との違いです。

すでにウェットスーツを持っていて、海に入られている方であればご理解いただけると思いますが、季節に合ったウェットスーツを着用していないと、サーフィンどころではないと思います。寒すぎたり、暑すぎたりして、30分も海に入っていられなくなります。もちろん、我慢という選択肢もありますが、体にもよくありません。せっかくの楽しいサーフィンが、ウェットスーツの種類の選択ミスにより、不快なスポーツとなり、「2度とやらない」苦い思い出になってしまいます。特に、初心者の方が1度きりのサーフィンになってしまうのもウェットスーツの選択ミスによる原因が大きいです。




何時からサーフィンを始めるか
これからサーフィンを始める方であれば、何月から始めるのか?によって、最初に購入するウェットスーツの種類が変わってきます。また、サーフィンする期間が夏だけなのか、春から秋ぐらいまでなのか、それとも1年中なのか、サーフィンする期間によって揃えるウェットスーツの数や種類も変わってきます。

先ずは、サーフィンを始める月を決めていただき、その季節に合ったウェットスーツを1着購入してください。その後、サーフィンを続けられそうであれば、季節の変わり目に合わせて、徐々に揃えていくのが良いと思います。




下記のサーフエリアマップを参考にしてください
下記のサーフエリアマップを参考に、何の種類のウェットスーツを着れば快適にサーフィンが楽しめるか確認してみましょう。

全国サーフエリアマップ


北海道エリア
冬の寒さが過酷な北海道。1年の大半がセミドライスーツ。夏場でも3mmフルスーツは必須。

北海道着用ウェットスーツ早見表



青森・岩手エリア
1年を通してフルスーツの着用率が高いエリア。冬場はセミドライスーツにブーツ、グローブ、キャップであるが、夏場にはシーガルでサーフィン可能。

青森・岩手着用ウェットスーツ早見表



仙台・福島エリア
夏場になるとスプリングでサーフィンできる日があるが、シーガルがあると無難。冬場は11頃からセミドライスーツが必須となり、12月からはブーツ、グローブの着用が必須。

仙台・福島着用ウェットスーツ早見表



茨城エリア
都心から少し距離があるが比較的空いているエリア。夏場であってもスプリングが必須なエリア。12月からセミドライの出番となる。

茨城着用ウェットスーツ早見表



千葉北エリア
このエリアは年間を通して波があり都心からも近いので多くのサーファーで賑わっている。8月であればタッパーやショートジョンでサーフィンできる日もある。

千葉北着用ウェットスーツ早見表



千葉南エリア
同じ千葉エリアであっても、北と南では大幅に変わる。千葉南エリアであれば、冬場はグローブ、キャップが外せる。

千葉南着用ウェットスーツ早見表



湘南エリア
夏はボードショーツ(サーフパンツ)1枚でサーフィン可能だが、朝夕などは、ベストやタッパーを着用することをお勧めする。1年を通して数種類のウェットスーツが必要となる。

湘南着用ウェットスーツ早見表



伊豆エリア
透明な水に白い砂浜。この環境でのサーフィンは波が小さくても気持ちいい。ウェットスーツ選びは湘南とほぼ同じ。

伊豆着用ウェットスーツ早見表



静岡・伊良湖エリア
長い海岸線に多くのサーフポイントが点在するエリア。夏場はボードショーツ(サーフパンツ)1枚でも可能だがベストやタッパーも必要な時がある。2月前後はセミドライスーツにブーツ、グローブが必須。

静岡・伊良湖着用ウェットスーツ早見表



伊勢エリア

古くからサーフィンされている伊勢エリア。メジャーなサーフポイントもあり人気が高い。夏場はボードショーツ(サーフパンツ)にベストやタッパーを着用することをお勧めする。
伊勢着用ウェットスーツ早見表



和歌山エリア
関西主要都市からアクセスできる人気のサーフエリア。夏場はボードショーツ(サーフパンツ)でサーフィン可能。真冬はセミドライスーツが必要になるが、キャップまではいらない。

和歌山ウェットスーツ早見表



四国エリア
日本屈指のサーフポイントが点在する四国エリア。ここは日本?と疑うような波が来る。真冬でもセミドライスーツだけで過ごせるのは嬉しい。

四国ウェットスーツ早見表



九州宮崎エリア
南国ムード漂う宮崎エリア。冬場でも比較的水温が温かく、早ければ3月後半にはセミドライスーツからフルスーツに衣替えできる。

九州宮崎ウェットスーツ早見表



九州東シナ海エリア
東シナ海に面しているこのエリアは九州であっても冬場のブーツなどの防寒グッズが必要となる。

九州東宮崎ウェットスーツ早見表



九州日本海エリア
九州の中でも日本海に面しているこのエリアは冬場水温が下がるので、セミドライスーツ、ブーツ、グローブが必要となってくる。

九州宮崎ウェットスーツ早見表



鳥取・島根エリア
日本海に面しているエリアの中でも比較的水温が高めですが、夏場ボードショーツ(サーフパンツ)だけでは厳しい。冬場はセミドライスーツ、ブーツ、グローブは必須。

鳥取・島根ウェットスーツ早見表



福井・京都エリア
10月になると一気に外気温が下がりだす。セミドライスーツも11頃から着用し始める。夏場はスプリングは必須で、1年を通してウェットスーツが手放せない。

福井・京都ウェットスーツ早見表



新潟・秋田エリア
日本海北エリアの冬は寒い。11月からセミドライスーツが必須で、5月まで着用することになる。もちろん、冬場はブーツ、グローブ、キャップが手放せない。

新潟・秋田ウェットスーツ早見表




ウェットスーツの種類について
サーフィンウェットスーツは、上半身だけのウェットスーツから、全身を覆うフルスーツまで、数十種類のウェットスーツがあります。地域や、季節、天候などに合わせて、使い分けることにより、1年を通して快適にサーフィンを楽しむことができます。

ベスト
上半身袖なしタイプのウェットスーツ。ボードショーツ(サーフパンツ)と組み合わせて着用。夏の朝夕や、気温が少し低い時、風が強い日などに着用する。体幹部が覆われているため想像以上に温かい。袖がないので、腕も動かし易くパドリングに負担がかからない。サーフボードとの擦れを防ぐためにも有効。




タッパー
上半身袖ありタイプのウェットスーツ。ボードショーツ(サーフパンツ)と組み合わせて着用。夏の朝夕や、気温が少し低い時、風が強い日などに着用する。波待ちなどで海面から露出している上半身を覆うため温かい。日焼け対策にも有効で、夏場の必須アイテム。クラゲ対策としても重宝する。




パンツ
下半身タイプのウェットスーツ。通称ウェットパンツ。主に半ズボンと長ズボンタイプがある。女性用に限り丈の短いショートパンツもある。基本的に、夏場に着用するボードショーツ(サーフパンツ)は水着で保温性がないが、ウェットパンツは、ウェットスーツなので保温性がある。また、動きやすいのも特徴の1つ。




ショートジョン
袖なし半ズボンタイプのウェットスーツ。夏場、ボードショーツ(サーフパンツ)1枚では寒い時に着用する。上半身と下半身が一体となっているので、ボードショーツ(サーフパンツ)とベスト、タッパーの組み合わせに比べると動きやすい。袖がないので、腕も動かし易くパドリングに負担がかからない。




スプリング
半袖、半ズボンタイプのウェットスーツ。真夏前後(7月や9月)や、真夏でも外気温が低い時や、冷たい川の流れが入り込むサーフポイントなどで着用する。その形状からウェットスーツの着脱がし易く、使い勝手が良いので、サーファーならば1着は持っておきたいウェットスーツ。スプリングという名称からすると「春」をイメージしがちだが、着用シーズンは真夏前後(7月や9月)である。




ロングスプリング
長袖、半ズボンタイプのウェットスーツ。上半身はフルスーツのように袖先まであり、下半身は膝上の丈となる。日本においては、10月ごろ水温は高いが外気温が低い時に着用する。※海水温は外気温より約2ケ月遅れるので10月は海水温が高いままである。ロングスプリングは、長袖なので、スプリングやシーガルのように半袖焼けが気になる女性に重宝されるウェットスーツです。着用するとスタイルが良く見えるのも人気の秘密。




ロングジョン
袖なし長ズボンタイプのウェットスーツ。下半身が長ズボンなので、足腰を冷やさず、上半身は袖がないので、腕や肩周りに負荷がかからない。ロングジョンの着用シーズンは、真夏前後であるが、上半身にタッパーを組み合わせ、重ね着すれば、1~3シーズン対応のウェットスーツとなる。ロングジョンとタッパーのセットアップは、容易に体温調整が可能で、様々なウォータースポーツに使用される。最近ではSUP「サップ(スタンドアップパドル)」において、マストなウェットスーツとして重宝されている。その利便性からサーフ(砂浜)フィッシングや川釣りなどで使用する人もいる。




シーガル
半袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。日本では一般的な呼び名となっている「シーガル」だが、海外ではショートスリーブフルスーツと呼ばれる。上半身が半袖、下半身が長ズボンとなっているので、外気温は高いが、水温が低い時に着用する。日本においては、6月頃がこれに当たる。この時期は外気温が高くなり、半袖Tシャツなどで過ごせる季節だが、実は海水温はまだ冷たい。※海水温は外気温より約2ケ月遅れるので6月は海水温が低いままである。そんな時期の着用するのがシーガルウェットスーツである。また、サーフィンを始める初心者が最初に選ぶウェットスーツとしても人気が高い。




フルスーツ 3mm
長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。四季のある日本では一番使用頻度の高いウェットスーツ。サーフィン用のフルスーツはボディと腕で生地厚が異なる。パドリング動作を常に伴うサーフィンは腕部分の生地厚を薄くしてあり、腕、肩周りに負担がかからないようになっている。生地厚4mmのフルスーツは、3mmの動きやすさと、5mmの温かさを取り入れたウェットスーツ。真冬はサーフィンをしないという方に選ばれるウェットスーツでもある。

※フルスーツは同じ生地厚でも防水性能の違いがある。ファスナーからの水の侵入を直接肌に触れないようにする「インナーバリア」、背中にファスナーがない「チェストジップ」、保温能力を持った裏生地、縫い目からの水の侵入をおさえる「シールテープ」など。フルスーツは生地厚も重要だが、防水性能もチェックする必要がある。日本で良く耳にする「セミドライ」とは、全く水が入ってこないドライスーツではなく、水の侵入を極力抑えたフルスーツの1種である。日本特有の言い方で、海外では通じないことが多い。




フルスーツ 5mm
長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。四季のある日本では一番使用頻度の高いウェットスーツ。サーフィン用のフルスーツはボディと腕で生地厚が異なる。パドリング動作を常に伴うサーフィンは腕部分の生地厚を薄くしてあり、腕、肩周りに負担がかからないようになっている。生地厚5mmのフルスーツは、やはり温かい。しかし、3mmや4mmフルスーツに比べると動きにくいが、真冬にサーフィンするならば生地厚5mmは必須である。

※フルスーツは同じ生地厚でも防水性能の違いがある。ファスナーからの水の侵入を直接肌に触れないようにする「インナーバリア」、背中にファスナーがない「チェストジップ」、保温能力を持った裏生地、縫い目からの水の侵入をおさえる「シールテープ」など。フルスーツは生地厚も重要だが、防水性能もチェックする必要がある。日本で良く耳にする「セミドライ」とは、全く水が入ってこないドライスーツではなく、水の侵入を極力抑えたフルスーツの1種である。日本特有の言い方で、海外では通じないことが多い。




フルスーツ 6mm
長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。生地厚6mmのフルスーツは、ほとんどがサーフキャップ(サーフフード)と一体となっており、極寒地域で使用される。日本においては、必要のない地域が多いが、その保温能力は非常に高い。ウェットスーツメーカーのPVや写真等で、氷山の浮いている海でサーフィンしている姿を目にすることもある。外気温は軽く0度を下回っているでしょう。6mmという生地厚になってくると、外気温の影響を身体に伝えず、サーフキャップ(サーフフード)一体型なので、首回りや背中からの水の侵入はほとんどない。

※フルスーツは同じ生地厚でも防水性能の違いがある。ファスナーからの水の侵入を直接肌に触れないようにする「インナーバリア」、背中にファスナーがない「チェストジップ」、保温能力を持った裏生地、縫い目からの水の侵入をおさえる「シールテープ」など。フルスーツは生地厚も重要だが、防水性能もチェックする必要がある。日本で良く耳にする「セミドライ」とは、全く水が入ってこないドライスーツではなく、水の侵入を極力抑えたフルスーツの1種である。日本特有の言い方で、海外では通じないことが多い。




サーフブーツ
真冬の寒さ対策に必須となるサーフブーツ。体の冷えは足元からと言われるように、寒さ対策として、先ずはサーフブーツからはじまる。地域によっては必要のないところもある。サーフブーツは、真冬だけでなく、リーフポイント(海底が砂ではなく岩やサンゴ)や、足場の悪いサーフポイントで足の怪我予防として必要になる。よって、真冬以外でも生地が薄く、ローカットタイプのサーフブーツを履くこともある。主な種類は、くるぶしまでのローカットタイプ、足首までハイカットがある。ローカットタイプは生地厚2mmが多い。ハイカットタイプは、生地厚3~5mmで、生地が厚いほど温かい。




サーフキャップ
通称ヘッドキャップ、サーフフードともいわれる。極寒の地域では必需品ですが、最近では、他の地域でも着用する人が増えている。サーフィン用のキャップには、ツバ(ひさし)が付いており、ドルフィンスルー時、冷たい水が直接顔に流れ落ちないようになっている。生地厚は2~3mmが主流で、野球帽のようなタイプから、頭全体を覆うものまである。また、フルスーツウェットスーツと一体となった物があり、こちらは温かい上に、首周りからの水の侵入が少なく、最高に温かい。




サーフグローブ
冷たい海水から手を守ってくれるサーフグローブ。地域によって生地厚の違うグローブを選択することになる。基本的に生地厚2~4mmが主流で、サーフエリアによって使用する生地厚が変わる。地域によっては必要なないところもある。





サーフィンウェットスーツとはSurfin Wetsuits

  • <span>サーフィン用ウェットスーツの機能と特徴</span>
  • <span>ウェットスーツの種類(タイプ)と地域別季節対応表</span>
  • <span>ウェットスーツはじめての1着は何を選ぶ</span>
  • <span>ウェットスーツのサイズ選びのポイント</span>
  • <span>ウェットスーツのお手入れ方法(メンテナンス)</span>
  • <span>ウェットスーツを知る(よくある質問と回答)</span>

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、郵便振替からお選びいただけます。

※代金引換手数料、銀行振込手数料、郵便振替手数料はお客様ご負担となります。

クレジットカード決済代金引換・銀行振込・郵便振替

配送・送料

配送はヤマト運輸の宅配便にてお届けいたします。配送料は、北海道1,250円、本州850円、四国1,050円、九州1,250円、沖縄1,850円となります。すべて税込金額です。

一部商品に限りヤマト運輸のネコポス配送(全国一律350円)が可能です。ネコポス配送可能商品は商品ページに記載しております。

※ヤマト運輸以外の運送会社指定はお受けできません。

営業日13時(午後1時)までのご注文で決済が完了している場合及び代金引換に限り当日発送(即日発送)が可能です。

お問い合わせ

0465-27-2001

受付時間 : 平日10:00~12:00|13:00~17:00

(土日祝・夏期・年末年始・臨時休業を除く ※営業日カレンダーをご確認ください)

お問い合わせフォームは24時間受付中です。

店舗情報

ウェットスーツ本舗

〒259-0302
神奈川県足柄下郡湯河原町門川12番地

Tel: 0465-27-2001 Fax: 0465-27-2008

https://www.zero1surf.com