サーフィンウェットスーツの選び方 地域別季節対応表 | ウェットスーツ本舗
カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

サーフィンウェットスーツ
地域別季節対応表

日本には四季があり1年を通して気温、海水温は一定ではありません。また、北は北海道、南は沖縄まで南北に長い国ですので、同じ季節であっても場所によっては、気温、海水温が異なります。

1年中快適(寒すぎず暑すぎることもない)にサーフィン(ウォータースポーツ)を楽しむためには、サーフエリア、季節によって種類の違うウェットスーツを使い分ける必要があります。また、1日の中でも、朝夕や、風の強い時間帯、天候の変化などにより、異なった種類のウェットスーツを着用することもあります。

サーフィンウェットスーツの種類には、上半身のベストタイプから、フルスーツ(長袖長ズボンタイプで生地の厚さによって保温性が異なる)まで10種類程度あり、それらを使い分けることにより、1年を通して快適にサーフィンを楽しむことができます。

ウェットスーツを購入する際は、まずは自分が1年中サーフィンをするのか?夏だけなのか?春、秋もするのか?真冬以外なのか?によって揃えるべきウェットスーツの種類も変わってきます。まずは、ご自分がどの季節にサーフィンを行うのか?これからはじめる方であれば、何月からはじめるのか?を決めていただき、その季節に合ったウェットスーツを、まずは1着購入してください。その後、季節の変わり目に合わせて、徐々に揃えていくのが良いと思います。

快適にサーフィンを行う!快適とはウェットスーツを着用することにより通常体温が保持され、寒くもなく、暑くもなく、ちょうど良い感じと思ってください。夏にTシャツ、半ズボンを着用し、秋にスウェットを着用し、冬にダウンジャケットを着ますよね、考え方は洋服と同じです。ただ、ウェットスーツは何枚も重ね着ができないので(※ロングジョンとジャケットなど重ね着を想定している場合は可能です)、季節に応じて異なった種類のウェットスーツ着用しなければならないことが、洋服との違いです。

すでにウェットスーツを持っていて、海に入られている方であればご理解いただけると思いますが、その季節に合ったウェットスーツを着用していないと、サーフィンどころではなくなってしまいます。寒すぎたり、暑すぎたりして、30分も海に入っていられなくなります。もちろん、我慢という選択肢もありますが、体にもよくありません。こうなってしまうと、せっかく楽しいサーフィンが、ウェットスーツの種類の選択ミスにより、不快なスポーツとなり、「2度とやらない」苦い思い出になってしまいます。特に初心者の方が1度きりのサーフィンになってしまう主な要因です。

まずは、下記の地域別季節対応表を参考に、今使う、今日使う、明日使うウェットスーツを購入してください。その後、徐々に揃えていくのが一番良い方法だと思います。

ウェットスーツ地域別季節対応表
  • 1.北海道エリア北海道エリア
  • 2.青森・岩手エリア青森・岩手エリア
  • 3.仙台・福島エリア仙台・福エリア
  • 4.茨城エリア茨城エリア
  • 5.千葉北エリア千葉北エリア
  • 6.千葉南エリア千葉南エリア
  • 7.湘南エリア湘南エリア
  • 8.伊豆エリア伊豆エリア
  • 9.静岡・伊良湖エリア静岡・伊良湖エリア
  • 10.伊勢エリア伊勢エリア
  • 11.和歌山エリア和歌山エリア
  • 12.四国エリア四国エリア
  • 13.九州宮崎エリア九州宮崎エリア
  • 14.九州東シナ海エリア九州東シナ海エリア
  • 15.九州日本海エリア九州日本海エリア
  • 16.鳥取・島根エリア鳥取・島根エリア
  • 17.福井・京都エリア福井・京都エリア
  • 18.新潟・秋田エリア新潟・秋田エリア

サーフィンウェットスーツの
種類と特徴

  • ベスト

    「ベスト」

    上半身袖なしタイプのウェットスーツ。ボードショーツ(サーフパンツ)と組み合わせて着用。夏の朝夕や長時間海に入る際の体の冷えを防ぐ。フロントファスナー仕様で着脱も容易。水着だけの時より、着用していると、思っている以上に暖かさを得られます。

  • 半袖タッパー

    「半袖タッパー」

    上半身半袖タイプのウェットスーツ。水着だけでは寒い、夏の時期に上半身に着用。風の冷たい日にも重宝する。ボードショーツ(サーフパンツ)と組み合わせて着るタイプですが、ロングジョンやショートジョンなどとの組み合わせ(重ね着)も可能。

  • 長袖タッパー

    「長袖タッパー」

    上半身長袖タイプのウェットスーツ。水着だけでは寒い、夏の時期に上半身に着用。風の冷たい日にも重宝する。ボードショーツ(サーフパンツ)と組み合わせて着るタイプですが、ロングジョンやショートジョンなどとの組み合わせ(重ね着)も可能。

  • ショートジョン

    「ショートジョン」

    袖なし半ズボンタイプのウェットスーツ。夏場、体の冷えを防ぎ、長時間の入水でも体温を奪われない。袖がないため、肩周りに負荷がかからず、オープンウォータースイムやトライアスロンなどにも使われる。半袖ジャケットや長袖ジャケットと組み合わせ(重ね着)も可能。

  • ロングジョン

    「ロングジョン」

    袖なし長ズボンタイプのウェットスーツ。下半身長ズボンなので、夏場は足腰を冷やさず、上半身は袖なしなので、肩周りに負荷がかからない。 川釣りなどで使用する人もいる。半袖ジャケットや長袖ジャケットと組み合わせ(重ね着)ればシーガルやフルスーツ代わりにも使え、1~3シーズン対応のウェットスーツとなる。

  • スプリング

    「スプリング」

    半袖半ズボンタイプのウェットスーツ。水温・外気温ともに暖かい初夏から夏の朝夕、秋口まで使用。一般的に、スプリングウェットスーツと言われるが、着用シーズンは春ではなく真夏前後(7月、8月、9月)である。1着持っているとたいへん重宝するウェットスーツである。

  • ロングスリーブスプリング

    「ロングスリーブスプリング」

    長袖半ズボンタイプのウェットスーツ。秋口から秋にかけて、水温は高いが気温が低い時(海水温は外気温より1~2ケ月遅れている)に着用する。長袖なので半袖日焼け跡を気にする女性にも人気が高いウェットスーツ。もちろん初夏もOK。着用するとスタイルが良く見えるのも◎。

  • シーガル

    「シーガル」

    半袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。使用する地域にもよるが、気温が高くなる5月中旬から夏前水温は低いが気温が高い時に着用する。 秋口から秋も使用可能。ウォータースポーツ、サーフィン初心者が最初に選ぶウェットスーツとしても人気が高い。

  • フルスーツ3ミリ

    「フルスーツ3ミリ」

    長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。四季のある日本では一番使用頻度の高いウェットスーツ。フルスーツ1着あれば様々なウォータースポーツに挑戦できる。フルスーツは生地の厚さによって動き易さや保温性が異なる。地域により着用シーズンは異なるが、湘南の海においては、5~6月、10~11月に着用する。

  • フルスーツ4ミリ

    「フルスーツ4ミリ」

    長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。四季のある日本では一番使用頻度の高いウェットスーツ。フルスーツ1着あれば様々なウォータースポーツに挑戦できる。フルスーツは生地の厚さによって動き易さや保温性が異なる。地域により着用シーズンは異なるが、湘南の海においては、4~6月、10~12月に着用する。

  • フルスーツ5ミリ

    「フルスーツ5ミリ」

    長袖・長ズボンタイプのウェットスーツ。四季のある日本では一番使用頻度の高いウェットスーツ。フルスーツ1着あれば様々なウォータースポーツに挑戦できる。フルスーツは生地の厚さによって動き易さや保温性が異なる。地域により着用シーズンは異なるが、湘南の海においては、4~5月、11~12月に着用する。

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、郵便振替からお選びいただけます。

※代金引換手数料、銀行振込手数料、郵便振替手数料はお客様ご負担となります。

クレジットカード決済代金引換・銀行振込・郵便振替

配送・送料

配送は、ヤマト運輸の宅配便にてお届けいたします。配送料は、北海道1,250円、本州850円、四国1,050円、九州1,250円、沖縄1,850円となります。すべて税込金額です。

※運送会社の指定、宅配便以外の配送はお受けできません。

営業日13時(午後1時)までのご注文で決済が完了している場合に限り当日発送(即日発送)可能です。

お問い合わせ

0465-27-2001

受付時間 : 平日10:00~12:00|13:00~17:00

(土日・祝日、夏季・年末年始などの特別休業日を除く)

お問い合わせフォームは24時間受付中です。

運営会社概要

株式会社 ジークスポーツ

〒259-0302

神奈川県足柄下郡湯河原町門川249番地

Tel/0465-27-2001 Fax/0465-27-2008